SRC造とRC造の根本的な違い

賃貸マンションなどの構造を表す際に、SRC造やRC造という用語がしばしば登場します。これらに関しましてはどんな風な意味を保有しているのでしょうか。ここでは両者の違いや知っておくべきポイントなどについて解説致します。

かつて名古屋にあるデザイナーズマンションに住んでいました。

マンションなどの鉄筋コンクリート建築物の構造的な違い

SRC造やRC造は、鉄筋コンクリートで造られるマンションなどの建築物の柱や梁などの骨組みの構造を指すワードです。こういったアイテムの他に鉄骨造という方式もあります。SRC造とRC造の根本的な違いとメリット、デメリットなどについてチェックしていきましょう。

SRC造とは?

SRC造は、鉄骨鉄筋コンクリート造(Steel Reinforced Concrete Construction)を省略したもので、RC造に鉄骨造(Steel)が含まれている点がポイントです。鉄骨造は建物の骨組にH型鋼などの鉄骨を使用し、柱や梁をボルトや溶接で接合した軸組工法で、建物のしなやかさを出すのに優れています。SRC造は、まず鉄骨を組んでその周囲に鉄筋を配置し、そこにコンクリートを打ち込んで造り上げます。RC造の中心箇所に鉄骨が組まれていると考えれば間違いないでしょう。この鉄骨造とRC造を組み合わせることで、鉄骨造のしなやかさとRC造の耐久性を併せ持っているのがアピールポイントです。

RC造とは?

RC造は、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete Construction)の略で、「鉄筋によって補強されたコンクリート」という意味になります。これは、柱や梁など建物の骨格部分を構成する際、組み上げた型枠に鉄筋を配置して、そこにコンクリートを打ち込んで造る工法です。鉄筋は一般に引張力に優れていますが、錆びやすく高温時の耐火性が低いという欠点があります。一方コンクリートは圧縮力に強い反面引張力に弱いという特長があります。RC構造は鉄筋とコンクリートを併用することで、両者の弱点を相互に補い合い、変形しにくく高い耐久性を出す工法と言えます。

両者のメリットとデメリットについて

いずれの工法も高い耐火性、耐久性、耐震性を備えております。少し前まではRC造に比べてSRC造の方が耐震性に優れているとも聞かされましたが、技術的に進歩した最新の建築物においては耐震性に大きな差はありません。RC造は比較的自由な構造が可能になる反面、建物の重量が重くなるため、軟弱な地盤には不得意です。SRC造のデメリットは建設コストが高いため、賃貸物件などといった賃貸料に影響が出てくることを表しています。